TRANS-MAIL http://www.trans-mail.net/SSL接続に切替え HOMEお問い合せサイトマップ
多機能メール転送サービス できることご利用例チェックするインフォメーションサポートよくある質問マニュアル
すでに登録されている方
IDアドレス:
パスワード:

パスワードをお忘れの方

はじめての方
サービス概要
ご利用料金
ご利用までのフロー
新規登録


[重要なお知らせ]
■2004/07/21
ウイルスチェックサービスが変わります!
■2004/02/12
架空請求の支払い督促メールにご注意ください!
サービ
ス全般ご利用手続き各種設
定・機能携帯電話でのご利用その他
( 各種設定・機能 )
全般 >>   転送機能 >>   POP転送機能 >>   迷惑メール対応 >>   自動返信機能 >>

全般
Top of This Page
■ 外出先でメールをチェックしたいのですが、どのようにすれば良いでしょうか?

携帯電話やPDA等に転送するのが簡単です。
TRANS-MAILで取得したアドレスあてのメールは好きな宛先に転送できます。
携帯を利用する場合など、受信できる文字数に制限がある場合は、指定した文字数でメールを分割して転送することもできます。誰からからメールが届くたびに、メールの件名と差出人のみを知らせる機能もあります。添付ファイルを削除して転送することもできます。(添付されていたファイル名のリストが本文に追加されますので安心です)。
もちろんパソコンに転送するのもOKです。無料のWebメール(*)などを転送先にしておけばインターネットカフェなど、インターネットにつながるパソコンさえあればどこからでもメールチェックが可能です。よく使う転送先を登録しておいて、外出前に「転送を有効」にするだけ。もし転送を有効にするのを忘れても、携帯などからメールで操作することもできるので安心です。
(*)Webメールはブラウザーから操作するメールです。Yahooなどが有名です。

■ メールアドレス変更の関係者への連絡が大変で困っています。よい方法はありませんか?
TRANS-MAILのPOP転送機能を使えば、旧アドレスに届いたメールを新アドレスに転送することができます。さらに旧アドレスにメールを送ってきた人に、新しいアドレスの案内メールを自動で送ることもできますので、メールアドレスの移行がスムーズに行えます。引越し案内メールは差出人毎に1回だけ送信するとか、メーリングリスト等には送信しない、といった設定が簡単に行えます。
■ 複数の転送アドレスを取得するつもりですが、設定済みの転送設定は共通して使えますか?

はい、転送設定はIDアドレス毎の管理となりますので、登録時のIDアドレスが同じなら転送設定は共通して使うことができます。

■ 転送アドレスを追加で取得したときの転送設定はどうなりますか?
追加で取得したTRANS-MAILアドレスの転送先は、デフォルトでIDアドレスが設定されます。
転送設定はIDアドレスごとの管理となりますので、そのIDアドレスで作成済みの転送設定は、新しく取得したアドレスに簡単に適用することができます。
追加で取得したアドレスの転送先は、デフォルトでIDアドレスへの転送設定が オン、それ以外の転送設定はオフとなります。
■ SMTPサーバー名を教えて下さい。
SMTPサーバーはメールの送信に使うサーバーですが、TRANS-MAILではSMTPサーバーは提供していません。
ご契約のプロバイダーなど、お客様が従来からお使いのSMTPサーバーをご利用ください。
■ POPサーバー名を教えて下さい。
POPサーバーはメールの受信に使うサーバーですが、TRANS-MAILのアドレスあてのメールは、お客様がご指定の別のアドレスに転送されます。よってそのメールを受信するには、その転送先アドレスのPOPサーバーを指定していただく事になります (TRANS-MAILではPOPサーバーは提供していません)。
■ TRANS-MAILのアドレスを使ってパソコン上で送受信をするためのメーラーの設定は?
基本的にはこれまでお使いのメールアドレス用の設定と同じ内容です。
差出人アドレスだけTRANS-MAILのアドレスに変更します。
例えばOutlookExpressをお使いでしたら、既に設定してあるアカウントと全く同じものをつくり、電子メールアドレス(差出人アドレス)だけ、TRANS-MAILアドレスに変更していただくという形となります。
■ 大文字のメールアドレスを登録すると、小文字になってしまいます。

TRANS-MAILのシステムでは、メールアドレスは全て小文字で取り扱う仕様としてます。
そのため大文字のメールアドレスをご登録いただくと小文字になりますが、ご心配には及びません。

電子メーアドレスには大文字と小文字の区別があることになっていますが、一般的なメールシステムの実際の
運用では、大文字でも小文字でも同じアドレスとして取り扱っていますので、特にトラブルになることはないはずです。

転送機能
Top of This Page
■ 転送先はいくつまで指定できますか?
最大5つの異なる転送先アドレスを指定できます。転送設定自体は最大25個まで作成することができます。
  ・同時に転送できる転送先アドレス数:5
  ・同一の転送先アドレスに対して同時に有効にできる転送設定数:5
  ・作成できる転送設定数:25
さらに詳しい説明はこちらの「設定名」のところをご覧下さい。
なお、5つで足りない場合には個別にご相談に応じますので、サポートまでお問い合わせください
■ 転送先が3つしか登録できないようなのですが...

転送設定画面の初期状態では、転送設定を入力する欄は3つしか表示されませんが、新しい転送設定を登録するたびに、入力欄が追加で表示されます。転送設定は最大で25個まで設定できます。

■ 突然メールが転送されなくなってしまいました

IDアドレス(TRANS-MAILのWEBにログインする時のIDとなるアドレス)に何か問題が発生していないでしょうか?
そのアドレスを提供しているサービスで障害が発生すると、TRANS-MAILのシステムには全く問題がなくても、
転送されなくなる場合があります。詳しくは こちら をご覧下さい。

■ 転送条件詳細設定で「一致しない」を指定しても、一致するメールも転送されてしまいます

<転送条件詳細設定> の設定欄の下の方にある「これらの条件の満たし方」 を「どれか(OR)」ではなく
「全て(AND)」に変更してみてください。多くの場合はこれで期待通りの動作になると思います。

(1)複数の項目について条件を指定し、
(2)かつその項目で指定する条件が「一致しない」や「含まない」の場合に、
(3)「これらの条件の満たし方」を「どれか(OR)」にすると
大部分のメールが転送されることになります。

(1)複数項目について条件を指定
差出人アドレスと件名について条件を指定するような場合です。

(2) その項目で指定する条件が「一致しない」や「含まない」の場合
差出人アドレスが 'support' と一致しない、という条件を指定し、
件名に 'サポート' を含まない、という条件を指定するような場合です。

(3) 「これらの条件の満たし方」を「どれか(OR)」にした場合
差出人アドレスが 'support' と一致しないメール
 または(OR)
件名に 'サポート' を含まないメールを転送します。

つまり転送されないものは、差出人アドレス='support'かつ件名='サポート'のメールのみで、
これ以外のメールは、たとえ差出人アドレス='support' でも全て転送されることになります。


[ご参考]

複数の条件を指定した場合の転送条件全体としての取り扱いは次の通りです。

1つの項目内で複数の条件を「一致する」で指定した場合、
その複数の条件のどれか(OR)を満たす場合に、その項目は条件に合致したと扱います。
1つの項目内で複数の条件を「一致しない」で指定した場合、
その複数の条件を全て(AND)満たす場合に、その項目は条件に合致したと扱います。

「これらの条件の満たし方」で「どれか(OR)」を指定した場合、
どれか1つの項目が条件を満たす場合に、転送条件全体に合致したと扱います。
「これらの条件の満たし方」で「全て(AND)」を指定した場合、
全ての項目が条件を満たす場合に、転送条件全体に合致したと扱います。

この結果として、「一致しない」や「含まない」で指定した場合、「これらの条件の満たし方」で「どれか(OR)」を
指定すると、大部分のメールは条件を満たし、転送されることになります。

■ 自動判別モードを使うとメールが転送されてこないようなのですが...
TRANS-MAILのアドレスに送られてきたメールの中から、「個人が普通に送信したメール」を"自動判別"して転送するのが"自動判別"機能です。しかし個人的なメールでも、TRANS-MAILのアドレスに直接送信したものではなく、プロバイダーの転送機能を使って転送されてきたものや他のメール転送サービスを経由してTRANS-MAILのアドレスに届いたものは、「個人が普通に送信したメール」ではないと判断され転送されない場合があります。自動判別しつつ、ある特定の人からのメールは確実に転送するには、詳細設定と自動判別を組み合わせて設定します。具体的には、転送設定(詳細)で差出人アドレスにその人のアドレスを設定の上、転送対象「4.自動判別+詳細設定」を指定します。
■ 「自動判別+詳細設定」と「自動判別*詳細設定」の違いを教えて下さい。

4.自動判別+詳細設定
[自動判別で転送OKとなったもの] または [転送条件に合致するメール] の両方が転送対象になります。
[自動判別で転送OKとなったもの] に加えて [転送条件に合致するメール] を転送するというイメージです。
つまり、[自動判別で転送OKとなったもの]は、転送条件に合致するメールも合致しないメールも転送されます。

3.自動判別*詳細設定
[自動判別で転送OKとなったもの] かつ [転送条件に合致するメール] のみが転送対象となります。
[自動判別で転送OKとなったもの] を、さらに転送条件で絞り込んで転送するというイメージです。
つまり、[自動判別で転送OKとなったもの]のうち、 転送条件に合致するメールのみが転送されます。

「自動判別+詳細設定」と「自動判別*詳細設定」の使い分け
もともと自動判別は、プライベートなメールのみを転送するための設定を手軽にするための便利機能です。
そこで基本的には 「2.自動判別」 を指定します。

しかし 「2.自動判別」 では、希望のメールが転送されない場合もあるはずです。
そこで転送したいメールを<転送条件詳細設定>で指定してやることで、
[自動判別OKのもの] + [詳細設定に合致するもの]を転送するようにすれば、
すなわち、「4.自動判別+詳細設定」を指定して、更に詳細転送条件を指定すれば、
より希望に近い形でメールが転送されることになります。

「4.自動判別+詳細設定」は、このように「自動判別」だけではで希望のメールが転送されない場合に、
転送条件を指定してやることで転送対象を修正する、といった使い方を予定しています。

一方、「3.自動判別*詳細設定」を指定し、更に詳細転送条件を指定すると、
「自動判別」で対象を絞り込んだ後、さらに「詳細転送条件」でふるいにかけられますので、
大部分のメールは転送されないことになります。

標準的なのは、「4.自動判別+詳細設定」を指定しておき、希望のメールが転送されない場合に、
詳細転送条件を適宜追加していく、といった設定方法かと思います。

また、特に「自動判別」を使う理由がなければ、「5.詳細設定」を指定し、転送するメールの条件を
全て手作業で設定していく方が、よりわかりやすいかも知れません。

■ 添付ファイルの名前は知りたいけど、ファイルは削除して転送したいのですが...
「ファイルを削除して転送」や「分割転送」を指定すると、添付ファイル付きのメールはファイルを削除します。このとき、削除したファイル名のリストをメール本文に追加します。したがって転送されてきたメールで、添付されていたファイル名を知ることができます。
■ 曜日によって転送する時間帯を変えるにはどうすれば良いですか?
同じ転送先アドレスについて複数の転送設定を用意することで、複雑な条件でも設定することができます。

例えば、次のように設定する場合を考えます。

 月〜金:8am〜6pm 転送オフ、それ以外の時間帯はオン
 土日祝:1日中転送オン

このスケジュールで転送する転送設定を行った設定画面のサンプルを用意しましたので、
実際の画面をご確認いただければと思います。  >>サンプル画面を見る

<転送スケジュール設定>の欄をみて頂くとおわかりの通り、
ポイントは、同じ転送先アドレスについて、
 平日用の転送設定と、
 休日用の転送設定を
2つを用意するという点です。

sample@mail-box.jp から sample@trans-mail.net への転送は、
 平日は 転送設定 '1-weekday' を使って転送
 祝日は 転送設定 '2-holiday' を使って転送
します。

そして
 転送設定 '1-weekday' は 8am〜6pm 転送オフ、それ以外の時間帯はオン
 転送設定 '2-holiday'  は 1日中転送オン
としておけば

 月〜金:8am〜6pm 転送オフ、それ以外の時間帯はオン
 土日祝:1日中転送オン

というスケジュールで転送されることになります。

■ 複雑な転送条件を指定したり、転送するメールによって加工方法を変えるには?

説明ページは こちら です。
なお、基本的な考え方は、上の 「曜日によって転送する時間帯を変えるにはどうすれば良いですか?」 と同じです。

POP転送機能
Top of This Page
■ POP転送はいくつまで指定できますか?
お客様が従来からお使いのアドレス(POPメール)に届いたメールを転送するサービスをPOP転送と呼んでいますが、TRANS-MAILで取得したアドレス1つにつき、3つのPOPメールの転送が可能です。
■ メールの移行をしたいのですが、具体的にはどのように転送するのですか?

TRANS-MAILで取得したアドレスをA、お客様の旧アドレスをB、新アドレスをCとします。
B→A→Cという形で転送を行います。
POP転送設定画面で、B→Aの転送を設定します。
転送設定画面で、A→Cの転送を設定をします。
結果としてBからCへメールが転送されます。

■ POP転送されるメールとされないメールがあります。
転送元のメールをパソコンでの受信する時に、POPサーバーからメール削除する設定になっているのが原因と思われますので、2日程度はサーバー上にメールを残すようメーラーの設定を変更してしてみて下さい(OutlookExpressの場合、「ツール」−「アカウント」−「メール」−「プロパティー」−「詳細設定」から、 「サーバーにメッセージのコピーを置く」にチェックを入れ、「サーバーから削除」を「2日後」に設定します)。

POP転送では、定期的に転送元のメールアドレスのPOPサーバーにメールをチェックしに行き、サーバー上に新しいメールがあれば、それを転送します。従って、メールがPOPサーバーに届いてからTRANS-MAILのPOP転送によるメールチェックの前に、パソコンでメールを受信し、その受信メールがPOPサーバーから削除された場合は、それらのメールはPOP転送されません。つまりパソコンでメールチェックするタイミングによって、POP転送されたりされなかったりすることになります。

迷惑メール対応
Top of This Page
■ 「スパムフィルター」について詳しく教えて下さい

高いスパム判定正解率を誇り、世界でも幅広く利用されているSpamAssassinを使用しています。しかしながらほとんどのメールは正しく判定するものの、誤判定してしまうこともあります。方針として、迷惑メールがフィルターをすり抜けてしまうことより、迷惑メールではないのに迷惑メールと判定されることが極力少なくなることに重点をおいてチューニングを行っています。「スパムフィルター」と「メールアドレスでの設定」等の他の迷惑メール設定と組み合わせることで、より完璧な迷惑メール対策が可能になります。

■ 「スパムメール」と判定する基準を変更できませんか?

[スパム判定基準の調整方法]

スパムフィルタを有効にするかしないかに関わらず、全てのメールについてSpam-Levelが算出され、
その結果はメールヘッダに付加さ れています。例えばSpam-Levelが5なら次のようになります。
(Spam-Levelは数字が大きくなるほどSpamの疑いが強いことを示します)

X-Spam-Level: ***** (* x 5個)

スパムフィルタを有効にするとSpam-Levelが12以上のものを破棄し ますが、例えばこれを甘くして
Spam-Levelが20以上のものを破棄するようにするには、スパムフィルタを無効にした上で、迷惑メー
ル設定の<任意のヘッダー>で次のように指定します。

X-Spam-Level: ******************** (* x 20個)

* の数を増やせば甘くなりますし、減らせば厳しくなります。
(12 を 20 にすると、これまで転送されていなかった 12〜19 は転送されるようになります)
(12 を 5 にすると、これまで転送されていた 5〜11 は転送されなくなります)

なおこの時、スパムフィルタを有効にしたままですと、依然としてSpam-Levelが12以上のものは
破棄されますのでご注意ください。

ちなみに、スパムフィルタを有効にした場合と、スパムフィルタを無効にした上で、<任意のヘッダー>で
次のように設定した場合とでは、同じ結果になります。

X-Spam-Level: ************ (* x 12個)

■ 「実行ファイル添付のメールは破棄する」よう設定したほうが良いのはなぜですか?

TRANS-MAILのサービスでは、メールがお客様のパソコンに届く前にウィルスチェックを行いますので、お客様のパソコンには基本的に安全なメールのみが届くことになります。しかしながら新種のウイルス発生直後などはウイルスがすり抜けてしまう可能性が比較的高くなります。また、ウイルスに限らず、何かコンピュータに悪さをするメールにはたいてい、実行ファイルなどが添付されています

そこで、迷惑メール設定で「実行ファイル添付のメールは破棄する」ように設定すると、実行ファイルなど危険性が高いと思われるファイルが添付されているメールは転送されなくなります。 対象ファイルの代表的な拡張子は次の通りです。

 exe,vbs,pif,scr,bat,cmd,com,cpl,dll

これらが圧縮ファイル(zipファイルやlzhファイル)に含まれている場合も同様に転送されません。
ただし、暗号化zipファイル(パスワードをかけたzipファイル)は転送を行う仕様としています。

■ 件名に「未承諾広告※」と表示された広告メールは受け取りたくないのですが...
迷惑メール設定画面にて、「広告メールは破棄する」にチェックをいれると、件名に「!広告!」や「未承諾広告※」という文字が含まれたメールは転送されずに、破棄されるようになります。
■ 携帯でドメイン指定受信をしていますが、TRANS-MAILからの転送メールを受信できますか?
はい、受信できます。
携帯でドメイン指定受信をしている場合、差出人アドレスが指定したドメイン以外のメールは受信できなくなります。しかしTRANS-MAILの「Fromアドレスの書き換え」機能を使えば、転送メールの差出人をTRANS-MAILのアドレスに書き換えることできますので、携帯で受信するドメインに、このドメインを指定してやれば、ドメイン指定をしつつ、TRANS-MAILからの転送メールは全て受け取ることができます。
■ ○○○@mail5.trans-mail.net といったアドレスからから迷惑メールが送られてきます
差出人アドレスが不完全なものなど一部の迷惑メールで、差出人アドレスのドメイン部が転送サーバーのドメイン部に置き換わることがあります。決して当サービスが迷惑メールを送信しているわけではありません。

このような迷惑メールをブロックするには迷惑メール設定の<メールアドレスでの設定> にて次のように設定して下さい。

@mail1.trans-mail.net
@mail2.trans-mail.net
@mail3.trans-mail.net
@mail4.trans-mail.net
@mail5.trans-mail.net
@mail6.trans-mail.net

この設定によって下記のアドレスからのメールは迷惑メールとして扱われ、転送されなくなります。

From: ○○○@mail1.trans-mail.net
From: ○○○@mail2.trans-mail.net
From: ○○○@mail3.trans-mail.net
From: ○○○@mail4.trans-mail.net
From: ○○○@mail5.trans-mail.net
From: ○○○@mail6.trans-mail.net

なお、当サービスから ○○○@mail5.trans-mail.net といったアドレスでご連絡メール等を送信することはありません。

自動返信機能
Top of This Page
■ 自動返信機能とはどのようなものですか?
旅行や出張にでるとなかなかメールチェックが難しくなります。国内ならまだしも、海外ですとインターネットカフェも パソコンに日本語フォントが入っていなかったり、ちょっと大変です。
そこで登場するのが自動返信機能。これはメールが届くと、あらかじめ登録してあるメッセージを自動で差出人に返信するものです。メッセージは自由に変更できます。3パターンまで登録することもできますので、TPOにあわせて切り替えて使うことも可能です。自動返信を有効にするのを忘れて外出した場合も、携帯などからメールで操作することもできるので安心です。
メールが届くたびに単純に返信するのではなく、例えば1度返信した人には2回目からは返信しないといった設定が可能です。また個人が送信したメールかどうかを自動で判別しますので、メーリングリストやメールマガジンなどに返信することがなく、気軽にご利用頂けます。

Top of This Page
Copyright(C)2002-2003 Asahi Co.,Ltd All Rights Reserved.

地図サービス FIRST NEWS