TRANS-MAIL http://www.trans-mail.net/SSL接続に切替え HOMEお問い合せサイトマップ
多機能メール転送サービス できることご利用例チェックするインフォメーションサポートよくある質問マニュアル
すでに登録されている方
IDアドレス:
パスワード:

パスワードをお忘れの方

はじめての方
サービス概要
ご利用料金
ご利用までのフロー
新規登録


[重要なお知らせ]
■2004/07/21
ウイルスチェックサービスが変わります!
■2004/02/12
架空請求の支払い督促メールにご注意ください!
サービ
ス全般ご利用手続き各種設
定・機能携帯電話でのご利用その他
( その他 )
全般 >>    ウィルスチェック >>    エラーメール >>

全般
Top of This Page
■ こんな機能があると便利なのですが....
こういう機能が欲しいといったご要望がありましたら是非お知らせください。
積極的に利用者の皆様のご意見を取り入れ、より使いやすいサービスにしていていきたいと考えています。
■ RFC2231でエンコードしたファイル名も扱えますか?
あまり一般的になっていませんが、日本語ファイル名は本来RFC2231でエンコードすることになっています。
TRANS-MAILの転送システムはRFC2231にも対応していますので安心してご利用頂けます。
■ Content-Typeがmessage/partialの添付ファイル付きメールも扱えますか?
インターネットで扱う電子メールでは、巨大なファイルを添付したものなど、メールのサイズが大きすぎるとそのままではうまく送信できないことがあります。このような場合にmessage/partialという形式でメールを分割して送信することがあります。
TRANS-MAILの転送システムはこのようなメールにも対応していますので安心してご利用頂けます。
ただし、「ファイルを削除して転送」や「分割転送」、「本文圧縮」などメールを加工して転送するように指定した場合、分割送信されてきた1通目のメールのみが加工および転送対象になりますのでご注意下さい。これにより、本文に加えられる 「削除したファイル名のリスト」も、1番目の添付ファイル名のみの表示となります。
■ SPFレコードを公開していますか?
TRANS-MAILのメールサーバーは転送専門のサーバーですので、SPFレコードは公開していません。

迷惑メールなどの判断材料としてSPFレコードを参照するメール事業者が増えてきていますが、メールの転送では、元のメールが最初に送信されたサーバーとは異なるサーバーから送信(転送)されることになりますので、SPFレコードを利用した送信ドメイン認証は、メールを転送するサーバーのSPFレコードの公開の有無に関りなく失敗することになります。つまり転送メールは、その仕組み上、いわゆる「なりすましメール」と扱われることになります。

ウィルスチェック
Top of This Page
■ ウィルスチェックについて詳しく教えてください
ウィルスはそのほとんどが電子メールを経由して感染します。TRANS-MAILのサービスでは、メールがお客様のパソコンに届く前にウィルスチェックを行いますので、お客様のパソコンには基本的に安全なメールのみが届くことになります。
本サービスで取得したアドレス あてのメールは全て当社のメールサーバー上でウィルスチェックを行い、ウィルスに感染したメールを発見すると、そのメールは転送せずに破棄します。ウィルス検索エンジンには オープンソースソフトウェアであり世界で幅広く利用されているClamAVを使用しています。 定義ファイルも逐次更新していますので、新種のウィルスにもいち早く対応できます。既にパソコンにウィルス対策ソフトをインストール済みの場合も、本サービスと併用するとさらに安全性が高まります。
(ご注意)
・お客様が従来からご使用のアドレスに直接送信されたメールは当社のメールサーバーを経由しませんので、ウィルスチェックはされません。
・本サービスは、メールに添付されてく るウィルスを全て検出・駆除することを保証するものではありません。
・ウィルスチェックは無料で提供する付加サービスです。
迷惑メール設定で「実行ファイル添付のメールは破棄する」よう設定したほうが良いのはなぜですか?
TRANS-MAILのサービスでは、メールがお客様のパソコンに届く前にウィルスチェックを行いますので、お客様のパソコンには基本的に安全なメールのみが届くことになります。しかしながら新種のウイルス発生直後などはウイルスがすり抜けてしまう可能性が比較的高くなります。また、ウイルスに限らず、何かコンピュータに悪さをするメールにはたいてい、実行ファイルなどが添付されています

そこで、迷惑メール設定で「実行ファイル添付のメールは破棄する」ように設定すると、実行ファイルなど危険性が高いと思われるファイルが添付されているメールは転送されなくなります。 対象ファイルの代表的な拡張子は次の通りです。

 exe,vbs,pif,scr,bat,cmd,com,cpl,dll

これらが圧縮ファイル(zipファイルやlzhファイル)に含まれている場合も同様に転送されません。
ただし、暗号化zipファイル(パスワードをかけたzipファイル)は転送を行う仕様としています。

エラーメール
Top of This Page
■ 転送先アドレスが間違っていた場合など、エラーメールはどこに送信されますか?
エラーメールは基本的に、IDアドレス(本サービスご利用にあたってご登録いただくお客様ご自身のアドレス)あてに送信されるようになっています。通常は転送先のアドレスが記載されたエラーメールがメールの送信者に送信されることはありませが、転送設定画面のReturn-Path設定で、’転送メールのReturn-Pathを元のメールの送信者にする’にすると、エラーメールはメールの送信者に送信されるようになりますので、ご注意下さい。
■ 英語で書かれたエラーメールが届いたのですがどうしたらいいですか?

まずはエラーメールをよく調べて、エラーとなったメールの送信者(From)を確認して下さい。
もし送信者があなたでなければ、本サービスの転送先アドレスを間違って設定している可能性があります。
エラーメールにはエラーとなったメールの宛先の情報も記載されていますが、この宛先アドレスが正しいかよく確認してください。もし間違っていたら、転送設定画面で正しい転送先を設定して下さい。また、転送先のメールボックスの容量が一杯になっている場合もエラーメールが送られてきますので、転送先のメールアドレスが、きちんとメールを受け取れる状態になっているかご確認ください。

Top of This Page
Copyright(C)2002-2003 Asahi Co.,Ltd All Rights Reserved.

地図サービス FIRST NEWS