TRANS-MAIL http://www.trans-mail.net/SSL接続に切替え HOMEお問い合せサイトマップ
多機能メール転送サービス できることご利用例チェックするインフォメーションサポートよくある質問マニュアル
すでに登録されている方
IDアドレス:
パスワード:

パスワードをお忘れの方

はじめての方
サービス概要
ご利用料金
ご利用までのフロー
新規登録


[重要なお知らせ]
■2004/07/21
ウイルスチェックサービスが変わります!
■2004/02/12
架空請求の支払い督促メールにご注意ください!
設定画面From差替え送信メールコマンドウィルスチェック機能転送エラーメール
転送でのエラーメールは原則としてIDアドレスあてに送信されます。

エラーメールとは?
知人(Aさん)
  ↓
  ↓ *Aさん送信
  ↓
TRANS-MAILアドレス
  ↓
  ↓ *転送
  ↓
転送先アドレス
AさんがTRANS-MAILアドレスあてに送信したメールは、左の図のような流れで、最終的には、転送先アドレスに転送されます。

エラーメールとは、Aさんが送信したメールが転送先アドレスに届かなかった場合に、そのことを知らせるメールです。

エラーメールは、大きく
 「*Aさん送信」の処理で問題が発生した場合
 「*転送」の処理で問題が発生した場合
に送信されるものの2つに分類できます。

転送以外でのエラーメール ( 上図の 「*Aさん送信」 の部分に関するエラーによるもの )
エラーの原因 Aさんが送信したメールが、TRANS-MAILアドレスに正常に届かなかずにエラーになった場合です。原因としては、
・Aさんが送信したTRANS-MAILアドレスが間違っていた
・TRANS-MAILアドレスは正しいけれどアドレスの有効期限が切れていた
といったケースが考えられます。
エラーメールの送信先 この場合のエラーメールは、原則としてAさんに送信されます。
このエラーメールには、Aさんがあて先として指定したTRANS-MAILアドレスのみが含まれ、TRANS-MAILアドレスからの転送先アドレスは含まれません。
このエラーメールの送信については、基本的にTRANS-MAIL側ではコントールすることはできません。

転送でのエラーメール ( 上図の 「*転送」 の部分に関するエラーによるもの )
エラーの原因 TRANS-MAILのサーバーが一旦メールを受け取った後に、何らかの問題が発生した場合です。原因としては、
・転送先アドレスが間違っている
・転送先アドレスのメールボックスが一杯になっている
・転送先アドレスのメールサービスで障害が発生している
・IDアドレスのメールサービスで障害が発生している >>詳しい説明へ
といったケースが考えられます。
エラーメールの送信時期 エラーメールを送信するタイミングは、その問題の内容によってさまざまです。
例えば転送先アドレスが間違っている場合には即時にエラーメールを送信します。
一方、転送先アドレスのメールサービスで一時的な障害が発生しているような場合には、すぐにはエラーとせず、2日間程度は転送を試みます。それでも転送できない場合にはエラーとして処理します。このように、エラーメールが送信されるまで、時間がかかる場合もあります。
エラーメールの送信先 エラーメールは原則としてIDアドレスあてに送信されます。
TRANS-MAILのサーバーが一旦メールを受け取っており、Aさんの送信に問題はありません。そこで基本的にAさんにはエラーメールは送信されません。
(なお、この動作はReturn-Path設定を変更すると変わりますのでご注意ください)。
このエラーメールには通常、TRANS-MAILアドレスからの転送先アドレスが含まれています。
エラーメールを送信する場合に問題になるのがメールのループです。特にメール転送を伴う場合には、細心の注意を払う必要があります。一般的なメール転送サービスでは、こうした問題を避けるため、エラーメールはどこへも送信せず吸収してしまう仕様としているようですが、その場合、メールの転送がエラーになっても、なかなか気づかないという問題があります。そこでTRANS-MAILでは、ループする危険性が高い一部のメールを除き、原則としてIDアドレスにエラーメールを送信する仕様としています。
Return-Path設定との関係 エラーメールは原則としてIDアドレスあてに送信され、元の送信者であるAさんには送信されません。しかし、転送設定(詳細)画面の Return-Path 設定で、
「転送メールの Return-Path を元のメールの送信者にする」を指定すると、
TRANS-MAILアドレスからの転送先アドレスが含まれているエラーメールが、
元のメールの送信者であるAさんに送信されるようになります
のでご注意下さい。
通常は Return-Path 設定を変更する必要はありません。
しかし何らかの理由で Return-Path 設定を変更する場合は、エラーメールの取り扱いが標準の設定の場合とは大きく異なる点に十分ご留意ください。
Top of This Page
Copyright(C)2002-2003 Asahi Co.,Ltd All Rights Reserved.

地図サービス FIRST NEWS